トヨタ車のラインナップ

トヨタは世界で一番販売台数が多い自動車メーカーとして有名ですが、その分車種もかなり多くなっています。
まるで昔の日産を見ているかのようですが、トヨタのラインナップもその時の日産のラインナップのように非常に無意味な車が多いような気がします。
要するに「カブっている」車がたくさんあるということです。 Continue Reading

TNGAトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの発表

新しいプリウスが近々発売されるようですが、40km/Lにもなる燃費性能やデザインなどと同時にTNGAという文字をよく目にすることがります。
TNGAトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーは車種専用のプラットフォームを用意するのではなく、プラットフォームを細分化し、それを再構成することで新しいモデルを作るというもので、コスト削減に大きく貢献するものとして新型プリウス以降採用していくことになっているようですが、どうして今更と?と思うのは自分だけでしょうか。
トヨタは今までも散々他の車に使っていたプラットフォームを他社にそっくりそのまま流用したり、切り貼りして新しいモデルを作っていたではありませんか。
とんでもない車両価格を付けているトヨタレクサス店で販売しているRCシリーズにおいてもフロントはGSシリーズのものセンター部は過去の遺産であるIS Cのもの、リわ周りはISシリーズのものを使い、それらを溶接でくっつけて600万円以上の価格で売っているではありませんか。 Continue Reading

サスペンションチューニングの効果

車のボディをチューニングすると言っても車に詳しくない方からすれば「なんのこっちゃ」となると思いますが、このボディというのは非常に重要な部分なのです。
自動車メーカーで作られている量産車というのは、その車が必要とする最低限の強度を持たせたボディを使って作られているわけですが、それが時にはその強度を超えた状態になることがあります。 Continue Reading

海外仕様ドレスアップ

国内モデルと海外モデルがある車だけに許されるドレスアップ方法が海外仕様ドレスアップというものです。
このドレスアップは、国内モデルと海外モデルで違うパーツが与えられている車で海外向けモデルにつけられているパーツを購入し、それを国内向けモデルにつけて、偽海外向けモデルを作るというものです。
このドレスアップはトヨタが国内モデルとしてセルシオを海外向けモデルとして北米レクサスLSシリーズを販売した時によく行われていたもので、ハンドルの位置は違うものの海外向けのエンブレムやテールランプ、サイドマーカーなどをつけてレクサス仕様にしている車をよく見かけたものです。 Continue Reading

産毛を取り除き美白効果

女性のお肌のお手入れで難しいのは、産毛処理だと思います。特に、顔の産毛は悩みどころです。
エステ脱毛の中に、シルキー脱毛というものがあって、顔の産毛を取り除いてもらえます。名前の通り、使うものはシルク(絹)です。
まず、クレイジングで顔を綺麗にします。そして、産毛を絹糸で挟んで、スルッとからめとります。
それだけです。
一応施術後にパックをして落ち着かせますが、肌へのダメージはほとんどありません。ちょっと鋭く痛みますが、回数を重ねると慣れてきて気にならなくなります。 Continue Reading

景気が良くなると車の税金が変わる

アベノミクスなんて景気向上を狙った動きがありますが、世の中が景気が良くなってきているといっても商いの末端に位置する小さな工場や商店、それから消費者までにその影響が出るまでにはかなりの時間がかかります。政府の方では、いろいろな人間の意見を聞きながら、景気の善し悪しを決めているようですが、聞く相手が間違っている!大企業のお偉方に意見を聞いてもそれが消費者の意見とは程遠いのですから・・・。景気がいいのはお金持ちだけです。その影響から、税金が安くて燃費がいい車として人気の軽自動車の税金が引き上げられるとか・・・。 Continue Reading

打倒セレナに燃えるトヨタ

トヨタにはライバル会社である日産に圧倒的な差をつけられているジャンルがあります。それがファミリーカーの中心となっている中型ミニバンです。現在のところ中型ミニバンクラスでは日産のセレナが一番人気となっており、それに対抗する車としてトヨタが販売しているのがノアとヴォクシー兄弟車です。セレナには簡易型とはいえハイブリッドシステムが搭載されて、それなりに燃費が良くなっているのですが、ノアとヴォクシーにはハイブリッドモデルが存在しません。
唯一この兄弟車を支持しているといえば、悪ぶりたい若年層の夫婦がヴォクシーを買うぐらいで、ほとんどの方が日産のセレナに流れてしまうのです。2台体勢で臨んでもセレナに勝てないトヨタが次にとった手段はフルモデルチェンジによるハイブリッド化です。 Continue Reading

等級割増から逃げる方法

自動車保険には割引の基本として、ノンフリート等級というものがあります。
スタートはだれでも割増、割引が全くない6等級から始まり、事故などによる保険金の支払いがなければその等級が上がり、逆に事故を起こしてしまった場合にはその等級が下がるという事になっています。

等級が上がれば値引き率が上がり、下がれば値引きどころか割増という形になります。
この等級は、保険会社を乗り換えたとしても信用情報のように引き継がれます。 Continue Reading

Copyright © 2016. Powered by WordPress & Romangie Theme.